胃がんの転移も早期発見で完治|怯えることない健康ライフ

病気を知って病気と戦う

胃がんは怖くない

胃がんが転移してしまわないように知識をつけておくのが大切ですよ。もしもの事態に備えて症状を覚えておくのも大事です。

早期発見でパパッと治療

聴診器

医療技術や細胞検査の技術が進歩していることから、現代では大病のがんも治る病気と言われるようになっています。しかし、状態が酷いがんだと治療が出来ないということもあるでしょう。そのため、健康診断やセカンドオピニオンなどが重要視されています。現に、検査やちょっとした身体の不調からがんが見つかったということもありますので、これは馬鹿には出来ません。しかし、がんと言っても胃がんや乳がん、大腸がんなど種類があります。その種類や状態によって治療方法が変わってきますので、全部のがんの治療方法が同じとは言えません。がんの中でも日本人が多く発症しているのは胃がんです。胃がんは年間に10万人発症しているというデータがあり、このことから胃がんは国民病とも言えるでしょう。胃がんは早期発見出来れば9割は完治が出来るので、身体の状態には常に気をつけておくことです。他のがんと同じように胃がんも状態が悪化すると治療ができなくなってしまうでしょう。

転移することがある

胃がんは早期胃がんと進行胃がんがあります。早期胃がんは早期発見で状態がまだ悪化していない胃がん、進行胃がんは悪化が進んでいる胃がんです。特に、進行胃がんは最悪レベルのステージ4になると摘出が出来ないので、抗がん剤で進行を抑えることが中心になってきます。また、早期胃がんも進行胃がんも完治できたしても油断はできません。なぜなら、がん細胞がどこかに転移して別のがんが発症する可能性があるからです。そのため、完治しても治療後は転移していないかどうかを検査することが必要になるでしょう。転移していたとしても早期発見することでがんの発症を防ぐ事ができます。

あらゆる診療科目が設置されているからこそ便利です。平野区の病院には外来や訪問、透析などありあらゆる患者が通院しています。

信頼出来る医院と言えば伊丹の小児科しかないです!優しい院長や看護師の方が治療に寄り添ってくれることで安心出来ます。

カテゴリ

発症割合が高いがん

悩める男性

がんの中でも発症の割合が多いのが胃がんです。胃がんはその名前の通り胃に出来るがんで、早期発見だと9割が完治出来るでしょう。しかし、完治しても転移することがありますので治療後も注意が必要です。

ふたつの胃がん

考える男性

胃がんは胃がんでも早期胃がんと進行胃がんでは状態も治療内容も異なってきます。そのためもしもの時のために知っておくと良いです。特に進行胃がんは早期胃がんよりも悪化しているものですので、対策に役立てることです。

転移することもある

悩める女性

胃がんを含めたがんは、完治したとしても他の箇所にがん細胞が転移して別のがんを起こしてしまうという恐れがあるのです。そのため、完治してもその後の検査を行うことが必要となるでしょう。